S級マネジメント成果を出すチームをつくる
マネジメント・育成につながる情報をご紹介

優秀な社員が会社を辞めてしまう原因とは?兆候・会社への影響・対策

99
優秀な社員が会社を辞めてしまう原因とは?兆候・会社への影響・対策

優秀な社員の特徴

優秀な社員とは、会社に貢献してくれる社員のことを指します。

会社の利益に貢献していたり、生産性が高かったり、周囲から慕われ、頼られていたり、こういった社員は、すべて優秀な社員といえるでしょう。

優秀な社員が辞める原因・理由

優秀な社員が会社を辞めてしまう原因・理由はなんなのでしょうか。

ここでは大きな理由を3つご紹介します。

1. やりがいが無い

働いていてもやりがい・達成感がないことは社員が辞めてしまう大きな原因・理由のひとつです。

仕事をしていても会社の環境や待遇が変わらなかったり、会社の中での自分のキャリアが想像できなかったりするようでは、やりがいだけでなく、働く上でのビジョンが不透明で不安になってしまうでしょう。

例えば、いつまでもキャリアアップできない、頑張っても周囲から褒められないといった社内環境の会社は要注意です。

2. 業務量と評価が見合わない

仕事をしていても正当に評価がされないと、社員が辞めやすくなってしまいます。

仕事量をこなしていても評価されず、誰からも認知されていない環境では、仕事へのモチベーションも低下してしまいます。

会社にとても貢献しているのに昇進しない、さらに給料や役職は変わらないにもかかわらず業務が一人に集中するなどといった会社では優秀な社員が退職してしまう恐れがあります。

3. 会社の将来に不安を感じる

社員が会社の将来に対して不安や懸念がある場合、社員が辞めやすくなってしまうでしょう。

会社の経営状況や評価方法が不透明であり、社員に公表されていないような会社では、社員は不信感を募らせてしまいます

会社の業績が不透明だったり、自分の会社への貢献具合が不明な環境の会社は要注意でしょう。

優秀な社員が辞める兆候

優秀な社員が辞める前には、どのような兆候があるのでしょうか。

ここでは兆候を大きく3つに分けてご紹介します。

1. 業務に消極的になった

優秀な社員が業務に消極的になった場合、それは辞める前の兆候である可能性があります。

業務にやる気を見せない、投げやりな仕事を行うようになった場合、社員はその会社に対してやりがい・熱量が低下しています

例えば、会議で発言量が減っていたり、新しい業務に対して関心がなくなったりしたら退職の兆候でしょう。

2. コミュニケーション量が減った

社内でのコミュニケーション量が低下した場合も、社員が辞める兆候である可能性があります。

コミュニケーション量が低下するということは、社員に対して心を開かなくなったということであり、その会社やチームへの心理的安全性がない状態を意味します。

仕事以外の会話が減った、職場で無口になったなどの行動は退職の兆候かもしれません。

3. 必要以上に働かなくなった

必要以上の業務をしなくなった場合も退職の兆候と言えます。

例えば、大事な仕事が残っていても残業をせずに帰ってしまう場合、その仕事をなんとしても仕上げたいという熱意や責任感が薄くなっているということであり、これはモチベーションや自発性が低下しているとも言えます。

必要以上の業務をこなさなくなったり、就業時間ギリギリに出社するなどの行動は退職の兆候でしょう。

>>>退職者1人あたりの損失は1,000万円以上?離職要因と離職防止のためのチェックリスト22を無料でチェックする

優秀な社員が辞めることによる悪影響

優秀な社員が辞めてしまうと、会社にとってはどのような悪影響があるのでしょうか。

ここでは優秀な社員が退職したことで会社に与える悪影響を3つ解説します。

1. 生産性が低下する

優秀な社員が退職してしまうと生産性が低下してしまいます。

優秀な社員は、多くの場合、同じように与えられた時間でも多くのタスクをこなしていることが多いです。

そのため、優秀な社員がいなくなってしまうとその分、他の社員の仕事量が増加し、チームの生産性が低下します。

2. モチベーションが低下する

優秀な人が辞めることで、周囲のモチベーションが低下します。

社員が一人辞めることで残された社員の負担は確実に増加します。

さらに、自分たちの働く会社への不安感も増してしまい、結果的にチームの士気が下がりモチベーションが低下してしまいます。

3. 連鎖離職につながる

優秀な人が辞めたことは連鎖離職に直結してしまう可能性が高いです。

連鎖離職とは、連続して社員が辞めてしまうことを指します。

優秀な社員が会社を離れたことがきっかけとなり、他の社員も会社への内在的な不満に気づいたり、後を追って退職を視野に入れたり、一人の退職から結果的に次の退職者につながってしまうでしょう。


【人事評価の納得感を高め、エンゲージメントを向上】
評価制度の運用のポイントは「リアルタイムフィードバック」
組織の実行力と推進力を高めるノウハウを集約。

● 目標更新の度にチーム/全社に共有され、進捗を可視化
全社/部門目標と個人目標を紐付かせ、貢献領域を可視化
1on1の実施状況が可視化され、施策の浸透度と課題を特定
賞賛のコメントが全社に共有され、社員の士気を向上
週報でコンディションを申告し、組織課題をすぐに特定

>>フィードバックツール「Co:TEAM」の詳細を確認する

優秀な社員の退職を予防する対策

優秀な社員が会社を辞めてしまう前に会社ができる対策はなんなのでしょうか。

ここでは、3つの具体的な対策をご紹介します。

1. 評価体制を見直す

優秀な社員が辞める理由の一つとして、頑張っていても会社から認知されていない、または納得のいく評価を受けていない可能性があります。

こういった状況を防ぐためにも、会社の評価体制や制度を見直すことで、貢献度や仕事内容に見合った評価・報酬を提供できるようにしましょう。

例えば、評価の納得感を高めるために360度評価を導入するのもおすすめです。

2. キャリアを支援する

優秀な社員の中には、仕事を頑張っていても自分の将来像が不透明出会ったり、キャリアの不確定さが原因で退職してしまう社員もいます。

これを防ぐためにも、会社の中でキャリア支援を行ったり、社員に合ったロールモデルの提示や、やりがい作成を行ってあげるといいでしょう。

例えば、メンター制度1on1を実施することでキャリアについて相談できる時間を設定したり、さらに積極的に責任の伴う仕事を与えることでやりがいを作成することも有効でしょう。

3. 不満をいち早く掬い上げる仕組みを作る

優秀な社員が辞めてしまう会社では、会社側が社員の抱えている会社への不満になかなか気づくことができておらず、気がついたら優秀な社員が辞めてしまうという状態になってしまっています。

そのためにも、会社の中で社員に対してアンケートや面談を実施したり、また上司と部下の間のコミュニケーションを活発にして不満などを気軽に話しやすい空気作りをすることが重要です。

そのためにも1on1ミーティングなどの制度が有効でしょう。


【1人ひとりに合わせたサポートで部下の成長を実現】
マネジメントツール「Co:TEAM」(コチーム)により、マネージャーの負担を減らしながら効果的な指導・育成を可能に。

● 「モチベーション・目標・タスク・コンディション」を毎日自動でアルゴリズム分析
● 「1on1のタイミング・課題特定のための話題提供」により適切な部下へのサポートを実現
部下のモチベーション向上のため、部署横断し賞賛やフィードバックをリアルタイム共有
部下の「業務の優先度認識」を可視化することで認識の擦り合わせが可能に

>>マネジメントツール「Co:TEAM」(コチーム)の詳細を確認する

まとめ

優秀な社員は会社にとって貴重な資産です。

社員が離れて行かないような組織作りは、社員全体の働きやすさにもつながります。

この記事を参考に、社員の定着しやすい組織を目指しましょう。


【マネージャーの負担を軽減し組織の目標達成を実現】
「Co:TEAM」(コチーム)では、「1on1支援」「目標管理(MBO/OKR)」「評価支援(360度含む」の機能を連携させ管理工数の削減をすることで、マネージャーの負担を大幅に軽減。

1on1サポート機能により、メンバーに適した1on1を効率的に実践
タスクの「予定日・期日・工数・優先度認識」を可視化
目標に対する進捗状況やモチベーションを常時可視化
困ってそうなメンバーがいれば自動で通知アラート

>>マネジメントツール「Co:TEAM」(コチーム)の詳細を確認する