S級マネジメント成果を出すチームをつくる
マネジメント・育成につながる情報をご紹介

レコグニションとは?賞賛や承認を促す意味・効果・方法・伝え方

172

従業員への称賛・承認(レコグニション)は、報酬や人事考課などと比べて、重要ではないと思われがちです。

従業員や同僚に感謝の気持ちを示すことは、従業員の離職率を下げ、モチベーションを高め、その結果、コスト削減にもつながるのです。

従業員を表彰など、形ある方法で評価することの重要性を裏付けるデータは数多く存在します。ここでは、5つのデータを紹介しましょう。

  • 表彰された従業員の63%は、転職の意志がない
  • 表彰が職場での幸福度を高める重要な要素と考える従業員の割合は82%
  • 表彰される機会が増えれば、今より精力的に働けると考えている従業員は40%。
  • 高い給与よりも、豊かな助け合い文化を持つ企業を好む従業員は59%

賞賛・承認は、形式として行うのものではなく、人の能力を最大限に引き出し、会社の収益をも向上させるものであり、組織へのエンゲージメントを高める取り組みです。

本記事では、賞賛・承認を意味する用語である「レコグニション」の定義と意味、その具体的な伝え方について解説します。

レコグニションとは

レコグニション(賞賛・承認)とは、従業員の仕事上の成果や本人の努力を認め、感謝の気持ちを示すことやチームや組織で表彰を行う事を指します。

従業員に効果的な賞賛を送るには、従業員が上司や同僚からどのよう認められたいかを理解する必要があります。

優れた仕事ぶりを周囲に認められることを喜ぶ従業員がいる一方で、感謝を言葉として受け取りたい従業員もいます。

また、自身の専門的な技術への賛辞を送られることに喜びを覚える人もいます。

従業員がどのように評価されたいかを知るだけで、形式だけの表彰をより意味のあるものにし、従業員のエンゲージメントを高めることができます。

レコグニションの意味

レコグニション(recognition)は、「認識」「認めること」を意味する英単語です。

そこから転じて、人事やHRの文脈では、「賞賛」「承認」ないしは「表彰制度」を意味する言葉として使われます。

レコグニションの効果

褒め言葉が最も効果的なのは、結果が行動で示されたときです。

たとえば、ある従業員がプロジェクトで優れた成果を出した場合、賞賛を与えるだけでは不十分なのです。

次のプロジェクトのリーダーに任命したり、新入社員のトレーニングやメンターになってもらったりすることも考えてみましょう。

相手への評価は複雑である必要はありません。

シンプルに、優れた仕事に対する感謝の気持ちを示し、真摯に対応することが大切です。

また、褒めるのは上司から社員へだけでは意味がありません。

最近の研究では、称賛が飛び交う企業文化を築くためには、仲間同士での賞賛も欠かせないことを示しています。

  • 同僚間で交わされる賞賛・承認は36%も効果が高い
  • 同僚からのフィードバックは、正確であると認識される可能性が2倍高い 

これらの同僚からのフィードバックに関するデータは、従業員への表彰を送るのがリーダーや管理職だけでは不十分であることがわかります。

組織は、トップダウン式の表彰方法ではなく、従業員が同僚に直接感謝の気持ちを伝えられるようにする必要があります。

なお、同僚間のレコグニションを推奨する仕組みとして、近年ピアボーナスという施策が注目を集めています。

意味のあるレコグニションの方法・伝え方

褒める文化を育んでいる企業は、ポジティブな職場環境とそれに伴う従業員満足度を重視していることを従業員に示そうと努めます。

このような環境を育むためには、称賛の言葉を慎重に、そして適切に共有することで、組織の心理的安全性を高める取り組みが重要です。

本パートでは、レコグニションによって、従業員への感謝の気持ちをどのように伝えるか、そしてその必要性について3つ紹介します。

1)卓越性を評価する

優秀な従業員が並外れた成果を出した場合、その従業員が表彰されることで、その人が会社の目標達成のためのプロセスに注目が集まります。

結果、ベテラン社員も新入社員も、会社の成功のために努力しようと意欲が高まるのです。

賛辞の言葉を送るときは、残した成果が会社やチームに対して、どのように影響を及ぼしたかも併せて具体的に伝えると効果的です。

2)目に見えない努力に焦点を当てる

誰もがチームや組織全体のために、気づかれないような仕事もしています。

見えない仕事の例としては、土壇場でスケジュールを変更するアシスタントのしごとや、プロセスを自動化するITマネージャーの専門知識など、様々です。

小さな努力を認めることで、周囲の仕事をほんの少しだけ楽にする「見えない」仕事に焦点を当てることができます。

どのようにアクションしたかに焦点を当てた賞賛の言葉を送りましょう。

3)チームの絆を深める

同僚を助けるために行動をした従業員が評価されることで、組織のコラボレーションが生まれ、コアバリューとして奨励される企業文化が構築されます。

業務において相談は必須とも言えます。

相談する側とされる側、双方が心地よくなれる言葉選びが大切です。

たとえば、相談に乗ってもらって仕事がうまくいったときは、具体的な相手の文脈や功績をあげ、存在を認めるような言葉をかけると効果的です。

4)社内外で功績を称える

フィードバックを行う際、「いつ」「どこで」行うべきか悩むことがあるでしょう。

すべての従業員が会社の会議等で周囲に評価されることを望んでいるわけではありません。

メールなどのコミュニケーション・ツールを活用して、従業員に感謝の気持ちを伝える方法もあります。

また、大きな成果を上げたときには、上司からの個人的な評価では不十分な場合もあるでしょう。

そのような時は、SNSで社員を紹介したり、会社のウェブサイトで紹介するなど、会社外で評価を示す方法もあります。

従業員の評価を重視する場合は、すべての立場の従業員が利用できるシステムを組み込むことが大切です。

まとめ

豊かなレコグニション文化は、従業員との関わりや成長を求める企業にとって重要な財産となります。

感謝の気持ちを表現することが組織の基本的な価値観の一部となれば、従業員のモラル、労働意欲、モチベーションに明確な変化を与えます。

上司として従業員に感謝し、気にかけていることをさりげなく伝えることで、従業員は成功に向けて努力することができるのです。