S級マネジメント成果を出すチームをつくる
マネジメント・育成につながる情報をご紹介

離職率改善施策を解説!定着強化できない企業の特徴・おすすめコンサル会社

609
離職率改善施策を解説!定着強化できない企業の特徴・おすすめコンサル会社

従業員の人材流出防止や早期離職対策への取り組みは、企業にとってとても重要な課題です。離職率低下を目指すべくコンサルティング会社に依頼しようと考える企業も少なくないでしょう。しかしコンサルティング会社に依頼するには、それなりにコストがかかります。まずは自社で課題を認識し、対策をしてみてはいかがでしょうか?

本記事では、従業員の主な離職理由や離職率改善の方法とポイント、また、自社での解決が難しい場合の、コンサルティング会社に依頼するメリットや会社の選び方、おすすめのコンサルティング会社について解説していきます。

なぜ人は離職するのか

そもそも、なぜ人は離職を考えるのでしょうか?本パートでは主な離職理由について解説していきます。

1. 勤務時間や給与面での労働条件

主な離職原因の1つ目は「労働勤務時間や給与面での労働条件」です。

離職原因として非常に多く挙げられるのが、労働時間や給与面に対する負荷や不満です。残業時間が多く余暇時間が取れないことや、労働に見合った給与でない点などが挙げられます。

2. 人間関係のストレスや相互不信

主な離職原因の2つ目は「人間関係のストレスや相互不信」です。

近年、働きやすい環境構築に向けた動きが多くみられる中で、特に注目されている離職原因です。ハラスメント問題を中心に、上司や部下などのコミュニケーション不足により相互理解が為されないことから起こる相互不信なども挙げられます。

3. 会社への不信感や幻滅

主な離職原因の3つ目は「会社への不信感や幻滅」です。

業務や評価面で不公平だったり、やりがいがない、マネジメントや人材育成のやり方が一貫していない、会社全体の意見の整合性が取れてない、重要事項が共有されないなど、不信感を引き起こす原因は様々です。また、企業のオーバーセールスにより生まれる、採用時の説明とのギャップも会社への不信感や幻滅の原因になります。

4. 業務に対するモチベーション低下や無能感による挫折

主な離職原因の4つ目は「業務に対するモチベーション低下や無能感による挫折」です。

主な理由として、仕事内容が自身の希望していたものではないことや、業務内容と自身の得意不得意のミスマッチによるモチベーションの低下などが挙げられます。また、業務を行う上で思うように実績を出せず、上司からのサポートも十分に受けられないことから、自身の能力に対し不安を感じ挫折してしまうということなども離職の原因として挙げられます。

5. 将来への疑問や不安

主な離職原因の5つ目は「将来への疑問や不安」です。

会社の方向性や体制の将来性、自分のキャリア、職場環境や業務内容、給与面など対象は様々ですが、従業員は自分の関わる未来に疑問を持ちます。現状からイメージできる未来に危機感や不安を感じてしまうことで、退職原因に繋がってしまうのです。

離職率改善の具体的な方法とポイント

上記の離職原因を踏まえた上で、本パートでは具体的な改善方法とポイントについて解説していきます。

1. 改善すべき課題の把握と改善の方向性を検討

具体的な改善方法とポイント1つ目は「改善すべき課題の把握と改善の方向性を検討」することです。

対策を講じるには、まずそもそも何が問題なのかを明確に把握する必要があります。現職の従業員や退職予定者に対しヒアリングやアンケートを行いましょう。従業員が現状どんな不安や不満を抱えているかや、社内の問題などを把握することができます。人事担当が従業員一人ひとりと面談を行うことが最も効果的ですが、難しい場合は上司と部下との1on1などで代替することも良いでしょう。

また、退職予定者へヒアリングを行うことは課題を把握する上で最も重要だと言えます。実際に退職に至った理由を知ることで、改善すべき課題が明確に見えてくるでしょう。行う上での注意点としては、留意目的だと思われないようにすることと、退職手続き完了後に行うということです。退職後であれば本音に近い意見を聞き出せる可能性が上がるため、より効果的なヒアリングが行えると言えるでしょう。

2. コミュニケーションを活性化させる

具体的な改善方法とポイント2つ目は「コミュニケーションを活性化させる」ことです。

相互不信や人間関係、不安解消など、コミュニケーションを通して解決できる可能性があるものは様々です。1on1ミーティングなどを通した上司と部下の頻繁な面談をはじめとした、チームや会社全体でのイベントなどを通してコミュニケーションを活性化させましょう。特に1on1ミーティングは有効で、上司と部下との相互理解、信頼関係の構築に繋がるだけでなく、従業員の抱えている問題の早期発見や対応がしやすくなるため、離職防止に繋げることが出来ます。加えて、コミュニケーションを通し上司と部下の信頼関係が構築されることで、風通しが良く働きやすい職場環境の形成にも繋がります。

3. 上司や先輩社員のフォロー体制の構築

具体的な改善方法とポイント3つ目は「上司や先輩社員のフォロー体制の構築」です。

OJTやパフォーマンスマネジメントのフィードバックなどを中心とし、従業員のフォロー・サポート体制を構築しましょう。従業員がフォローを受けやすくなることで、自身に対し無能感を感じたり、業務に対する挫折の防止に繋がるでしょう。

Co:TEAM(コチーム) | 1on1で納得感ある評価につなげる
https://wp.coteam.jp/note/what-is-performance-management/
Co:TEAMは、チーム間のコミュニケーションから「日常的なフィードバック」を増やし、「1on1支援」「目標管理(MBO/OKR)」「評価支援(360度含む)」機能が連携してエンゲージメントを育成するパフォーマンス・マネジメントプラットフォームです。
詳細を見る

4. 早期育成システムや研修制度の構築

具体的な改善方法とポイント4つ目は「早期育成システムや研修制度の構築」です。

マニュアルの整備やOJT、OFF-JTなどを通した教育体制、研修体制の構築などを主に、特に新入社員を中心とした育成や研修の制度を完備しましょう。早期に一人前に仕事ができるような教育の仕組みを徹底することで、新入社員などが業務に対し無能力感を感じ、挫折したりすることなどの防止に繋がります。

行う上での注意点としては、教育内容や育成方針、教育指標などを会社全体で共有・統一させるということです。育成や研修に一貫性がないと混乱が生じ、育成対象者のモチベーションを削ぐだけでなく、場当たりな育成・研修になってしまい効果が見込めない恐れがあります。また、育成・研修はアウトプットのサポートが重要です。会社全体で育成・研修内容、進捗などを共有することで、学んだことを業務にスムーズにアウトプットする体制を構築でき、より効果的な人材育成を行えると言えるでしょう。

Co:TEAM(コチーム) | 1on1で納得感ある評価につなげる
https://wp.coteam.jp/note/human-resource-development-training/
Co:TEAMは、チーム間のコミュニケーションから「日常的なフィードバック」を増やし、「1on1支援」「目標管理(MBO/OKR)」「評価支援(360度含む)」機能が連携してエンゲージメントを育成するパフォーマンス・マネジメントプラットフォームです。
詳細を見る

5. 労働体制や環境の見直し

具体的な改善方法とポイント5つ目は「労働形態や環境の見直し」です。

長時間労働は離職理由として多く挙げられるため、現在長時間労働が常態化している場合は早急に対策・改善が必要です。業務効率化の見直しや勤怠管理システムの導入などを検討し、労働時間の改善を試みましょう。

またハラスメント対策定期的な従業員アンケートを行うなど働きやすい環境の構築に向けた対策も必要です。

6. 適切な評価制度の確立

具体的な改善方法とポイント6つ目は「適切な評価制度の確立」です。

従業員のモチベーションやエンゲージメントの低下の要因として、評価に対する不信感などがよく挙げられます。客観的かつ公平的で、納得感のある評価制度を確立しましょう。従業員の特性やスキル、成果や進捗などを可視化できるような人事評価システムや新しい評価制度の導入などもとても効果的です。従業員のモチベーションやエンゲージメントを向上させることは、離職防止に繋がります。

Co:TEAM(コチーム) | 1on1で納得感ある評価につなげる
https://wp.coteam.jp/note/comparison-of-personnel-evaluation-systems/
Co:TEAMは、チーム間のコミュニケーションから「日常的なフィードバック」を増やし、「1on1支援」「目標管理(MBO/OKR)」「評価支援(360度含む)」機能が連携してエンゲージメントを育成するパフォーマンス・マネジメントプラットフォームです。
詳細を見る

7. 福利厚生の充実

具体的な改善方法とポイント7つ目は「福利厚生の充実」です。

福利厚生を充実させることも離職防止には効果的です。福利厚生とは、企業が従業員に提供するサービスのことであり、従業員の生活や健康などの向上を包括的に行う施策を指します。企業によって福利厚生の内容は様々ですが、主な例として以下が挙げられます。

  • 住宅手当
  • 雇用保険や健康保健
  • 社員食堂
  • レジャー施設などの利用補助
  • 資格取得支援

福利厚生を向上させることで、従業員満足度の向上や生産性の向上、従業員エンゲージメントやモチベーションの向上などに寄与するため、効果的と言えます。

8. 定期的な面談

具体的な改善方法とポイント8つ目は「定期的な面談」です。

上司と部下の1on1ミーティングの導入や、社内カウンセリング体制の構築など方法は様々ですが、従業員が相談しやすい環境を作りましょう。従業員の不安を軽減できるほか、従業員の意向を取り込める環境が構築されることで、働きやすい環境の形成に寄与でき、従業員のモチベーション向上にも繋がります。

メンバーの成長・マネジメントを最適化させる プロが実践する1on1パーフェクトガイド

9. 上司のマネジメントスキルの向上

具体的な改善方法とポイント9つ目は「上司のマネジメントスキルの向上」です。

無自覚なハラスメントや、上司の不適切な発言などが人間関係のストレスに起因し、離職の原因に繋がってしまうことは少なくありません。コミュニケーションを活性化させる上でも、管理職に向けたマネジメント研修を行いましょう。

10. 会社全体を巻き込んだ実施・仕組み化

具体的な改善方法とポイント10つ目は「会社全体を巻き込んだ実施・仕組み化」です。

離職率改善の施策を行う上でのポイントとして、会社全体で行うことが挙げられます。施策を行なっても、組織全体に浸透しなければ効果が見込めません。改善方針や改善施策を統一・共有し、会社全体で行うようにしましょう。

自社での課題解決に向いている企業

もちろん自社で課題を見つけ解決しようとする姿勢は大切ですが、自社解決が全ての企業に効果的な訳ではありません。本パートでは、自社で離職防止課題を解決するのに向いている企業の要素を紹介します。

  • 人事部で対策を行う余裕がある企業
  • 離職率改善に人員や時間を割ける企業
  • 離職原因から見える課題と解決策がある程度明確な企業
  • 自社で人材育成研修の目処や計画を立てることが可能な企業

離職率改善コンサルティングとは?

自社での改善を見込めない、あるいは困難な場合は、コンサルティング会社に依頼することを検討しましょう。

離職率改善コンサルティング(離職防止コンサルティング)とは、企業が抱えている離職率増加問題を改善すべく、課題の分析や把握改善のサポートを行うコンサルティングサービスを指します。詳細なサービス内容は会社によって様々なので、依頼する際はカウンセリングなどを通して自社との相性を確認しながら進めましょう。

コンサルティング会社を利用した際のメリット

コンサルティング会社に依頼した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?本パートではコンサルティング会社を利用した際のメリットについて解説していきます。

1. 専門性の高い改善アドバイスをもらえる 

コンサルティング会社を利用した際の1つ目のメリットは「専門性の高い改善アドバイスをもらえる」ことです。

専門性の高いコンサルタントを登用することで、専門知識を持ったスペシャリストによる改善案やアドバイスを受けることが出来ます。社内だけでは発見できなかった新たなノウハウが得られたりなど、効果的な改善施策を行う上でとても有効でしょう。

2. 外部からの視点を得られる

コンサルティング会社を利用した際の2つ目のメリットは「外部からの視点を得られる」ことです。

外部の第三者であるコンサルティングに依頼することで、社内の常識を超えた客観的意見を得ることが出来ます。新しい視点を得ることで新たなアイデアが生まれ、より効果的な改善施策を行える可能性が高くなります。

失敗しないコンサルティング会社の選び方

コンサルティング会社選びで失敗しないためには、3つのポイントを確認しましょう。本パートでは失敗しないコンサルティング会社の選び方について解説します。

1. 実績や経験があるか

コンサルティング会社の選び方の1つ目のポイントは「実績や経験があるか」です。

コンサルティング会社の今までの実績を把握することは、コンサルティング会社選びでとても重要になります。どのような分野で、どのような会社に、どのようなサポートを行ってきたかをできる限り詳しくチェックしましょう。口コミ導入事例実務経験専門知識・資格の有無人柄などのチェックも重要です。

2. ノウハウに再現性があるか

コンサルティング会社の選び方の2つ目のポイントは「ノウハウに再現性があるか」です。

コンサルティング会社を利用しても、得られる効果が一時的では意味がありません。コンサルティングを受けた後、自社で再現できるかどうかも大切になります。実績だけでなく、コンサルタントが提供するノウハウや改善施策に論理的根拠があり再現性があるかどうかきちんと確認しましょう。

3. 企業規模や自社の課題に適しているか

コンサルティング会社の選び方の3つ目のポイントは「企業規模や自社の課題に適しているか」です。コンサルタントが提示した提案が自社の予算に合っているかや、自社の課題に合致しているか、納得感のある提案かを検討することは、コンサルティング会社を選ぶ上でとても重要になります。本契約を交わす前に、提案や見積もりをしっかりと確認、検討しましょう。

おすすめのコンサルティング会社3選

株式会社O:

1on1で納得感ある評価につなげるパフォーマンスマネジメントシステムCo:TEAM 

株式会社O:(オー)はパフォーマンスマネジメントツール「Co:TEAM」を提供している会社です。オーでは離職率改善のコンサルティングに加え、日々の実践を支援するツールも提供しており、管理職のマネジメント向上離職率改善人材育成方面に長けています。

また、オーは中小企業に対して特化しており、離職率の上昇に手を打ちたい企業に向いています。1on1や人事評価を通じて、従業員の満足度を高めることによって、離職率平均30%減少の平均実績を残しています。

新しい組織・人材開発システム「パフォーマンス・マネジメント」の仕組み
  • MVV策定ワークショップ
  • 1on1研修
  • 目標管理
  • 評価者研修
  • マネジメント研修

などのサービスを中心に提供しています。

料金プラン

要問い合わせ

ハートアンドブレイン株式会社

必ず結果に結びつく営業組織の改革と成果を出し続ける人材育成の仕組みを提供するコンサルティング会社 ハートアンドブレイン株式会社

ハートアンドブレイン株式会社は、必ず結果に結びつく営業組織の改革と成果を出し続ける人材育成の仕組みを提供するコンサルティング会社です。得意とするDX営業、離職防止、若手育成などのプログラムは、導入した企業からも高い評価を得ています。

  • 離職防止早期戦力化プログラム
  • 新人早期戦力化プログラム+ES調査ファーストパック

などのサービスを中心に提供しています。

料金プラン

要問い合わせ

(株式会社GENOVA)
・研修を通して従業員育成により営業売上が向上した
・従業員のモチベーションアップに繋がった
・ハートアンドブレイン社オリジナルの、それぞれの会社に合わせた研修を受けられるサービスを受講できた
・新卒を含め従業員の離職率を大幅に改善出来た
・結果が出ないメンバーが離職してしまうという課題を大幅に改善できた

*株式会社ハートアンドブレインより引用

株式会社カイラボ

創業依頼 離職対策、組織開発の支援を行ってきたコンサルティング会社 株式会社カイラボ

カイラボは、「一人ひとりが働きがいをもつことで業績も伸びることが当たり前の社会」を目指すことを目標に、創業依頼これまで100社以上の離職対策、組織開発の支援を行ってきたコンサルティング会社です。創業当初から早期離職対策のサービスをメインに提供しており、データと実践の両面から得たカイラボ独自のノウハウで、企業の離職対策を支援します。

  • 離職対策支援での豊富な実績
  • ツールありきではない組織に合わせた離職対策
  • 予算や状況に応じた導入しやすいさまざまなサービス
  • Eラーニング・離職対策に必要なスキルの動画教材提供
  • 離職実態調査・コンサルティング
  • 研修や講演の実施

料金プラン

要問い合わせ

(公益財団法人日本生産性本部)
企業としては、(早期離職対策に)コミュニケーションが大切なのはわかるけれど、どうやってコミュニケーションをとったらいいかという課題解決のヒントが欲しいのです。そういった中で具体的な進め方や事例を紹介してもらえるので、私個人としても大変参考になりました。
やりたいことがやれる環境や職場づくりは生産性の向上にもつながり、離職の防止にもなると思っています。その部分ではカイラボさんの離職防止に関する考え方が大いに役立つと考えています。

*株式会社カイラボより引用

まとめ:コンサル会社に依頼する前に

冒頭でもお話ししたように、コンサルティング会社に依頼するにはそれなりにコストがかかります。そのため、ヒアリングや実態調査を行いながら課題を把握し、まずは自社でできることがないか検討してみましょう。もちろん、外部からの視点や専門家からのアドバイスを必要とする課題もあります。その場合はコンサルティング会社の利用を検討し、会社選びに注意しながら進めましょう。また、コンサルタントに依頼するからと言って課題を丸投げするのではなく、決断や責任は会社側が背負う意識を持つことも成果を出す上で重要です。

1on1や目標管理のデータから、納得感の高い人事評価を可能にするコチーム資料DL